バイトの人間関係構築術

バイト先で良好な人間関係を構築するための鉄則

管理人紹介

バイトの人間関係構築術バイト先での人間関係構築に関するお役立ち情報を紹介するサイトです。人間関係に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。当サイトへのご意見・ご要望はコチラからお願いします。

人間関係の基本とは

職場で守るべき鉄則

職場で守るべき鉄則

学生同士の仲間内での他愛もない付き合いであれば許されることも、仕事をしてお金を稼ぐバイト先では許されないということが多々あります。世間慣れしていないというのは学生バイトの初々しさとしてある程度致し方が無いと大目に見てもらえる部分もありますが、バイト先で少なくとも自ら人間関係を悪くしないために外してはならない基本があります。

LINEで送る
Pocket

仕事を早く覚える

何よりも企業やお店などがバイトを雇うということは、仕事をしてもらうためであり学校のようにただ座って教えてもらうだけという関係ではありません。雇う側には雇う側の事情があってバイトにお金を支払う以上、それ相応の働きを期待されているということを理解しておく必要があります。従って少なくとも仕事として任されるものはできるだけ早く覚えてきっちりとこなすことが大切です。仕事を覚えるのが早かったりやる気のある態度は、どんな職場であっても喜ばれることでしょう。
元々手慣れた人ばかりの職場に全くの新人が入ってくると、どうしても最初は仕事のリズムが乱されてしまうため、周囲がストレスを感じてしまいがちなものです。また新人に教えるということも、わざわざ自分の手を止めて時間を取られるということでもあります。そのため、例えば同じことを何度も質問したり同じ失敗を何度も繰り返していると、上司や教育係の先輩だけではなく職場の人間関係全体も悪くしてしまうことになりかねません。

しっかりと挨拶する

人間関係の基本はコミュニケーションです。そしてコミュニケーションをとる手段として常日頃の挨拶は重要です。たとえ苦手な先輩や同僚であっても、意識して自分から率先して元気な挨拶をするようにしましょう。特に飲食店や販売の仕事であれば、来店されるお客様に対する挨拶一つでそのお店の印象を左右してしまうこともあります。また新人は仕事中に怒られたり厳しく注意されることも少なくありませんが、職場の人間関係を悪くしないためには、どんな雰囲気の時であっても挨拶をしてお互いに話しやすい関係を保っておくことが大切なのです。

遅刻は厳禁

また世の中には「遅刻魔」と呼ばれどんな約束にも遅刻をするだろうという期待を決して裏切らない人もいますが、バイト先では通用しません。特にバイトのシフトが決められた時間で次の人と交代するような場合には、交代相手の人に迷惑が掛かりますし周囲に余計な手間を掛けさせてしまうこともあります。また遅刻を繰り返していると周囲から信頼できないとの評価を受けることにもなります。