バイトの人間関係構築術

バイト先の壊れた人間関係を修復

管理人紹介

バイトの人間関係構築術バイト先での人間関係構築に関するお役立ち情報を紹介するサイトです。人間関係に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。当サイトへのご意見・ご要望はコチラからお願いします。

価値観の違い

壊れた関係の修復術

壊れた関係の修復術

どれほど良い人間関係を築きたいと頑張ってみても、相手は自分ではない以上こちらの思いだけではどうにもならない部分があるものです。とは言うものの恋愛とは違い、バイト先のように常に一緒に居るわけではないが長く続けるためにはお互いに良い人間関係を築いておきたい場面では、お互いに歩み寄ることができるかもしれません。

LINEで送る
Pocket

上手く行かない相手

問題解決を図るためには、まず最初にそもそもの問題をはっきりさせる必要があります。仮にバイト先の人間関係で上手く行っていないと感じるのであれば、その相手は誰なのか紙に書き出してみましょう。

相手の価値観

人にはそれぞれ価値観があり、それに従って行動していると考えれば、一見不可解に思われる相手の行動も納得できたり、今までとは違う解釈ができるようになるかもしれません。人の価値観は大きく分けて、知性・社会・お金・家族・身体のいずれに重きを置くのかによって、5つのパターンに分類することができるとされています。その中で、自分と上手く行っていない相手が何に一番価値を置いているのかを知ることが、謎を解く一つの鍵になりそうです。
人は得てして、誰もが自分と同じ価値観に従って同じように考えて同じように行動するものと勘違いしがちなものですが、相手の価値観が自分とは違うということを自覚するだけでも大きな前進です。相手の価値観は相手の言動から推測できることもありますが、可能であれば相手に直接尋ねてみても良いでしょう。

お互いの価値観を尊重する

双方の価値観が違うことを理解すると、相手のふるまいにも感情的に反応せずに済むようになるでしょう。価値観の違いはあれど、バイト先でお互いに協力し合う関係である以上、お互いの不満や問題について落としどころを探る必要があります。無意識にも相手の価値観を無視したり、あるいは価値観を変えるような強制がなくなれば、お互いにそれぞれの提案を出し合ってより良い妥協案を考え出すことができるでしょう。そしてたとえ価値観は違っていても、相手の協力には感謝することができるようになるでしょう。感謝の気持ちはできるだけ分かりやすく、率直に言葉にして相手に伝えることが大切です。

相手を決めつけない

誰しもチームとしての成果に対し、自分の貢献度合いは高く相手の貢献度合いは低く見積もりがちなものであり、また自分の価値観に基づいて他人を安易に判断しがちなものです。しかし自分と同じく相手にも独自の価値観があることを認めれば、これまでとは違う目で見ることができるでしょう。